CUSTOMER SUCCESS REPORT

神田昌典のメモから2週間で立ち上がったプラットフォーム

投稿日:6月 23, 2020 更新日:

あなたの”ひいきなお店”を教えてください。

 

このコロナ禍のなか、大打撃を受けた
飲食業、ホテル・旅館業を救うため、
二週間で誕生したプロジェクトがあります。

 

 

 

その発起人となったのが、神田昌典。
プロジェクト立ち上げ前におりてきたアイディアを神田がまとめたものがこちらです。

 

そして、このメモを手渡されプロジェクトを推進させたのは、東京都渋谷区で、飲食店専門のコンサルティングを行う
株式会社飲食店繁盛会
代表取締役 笠岡はじめさん。


このプロジェクト、その名も「マイひいきコム」

これまでのレーティングを軸にした飲食のプラットフォームとは全く違うアプローチからなり、お客様が日頃ひいきにしている応援したいお店が掲載されるというものです。

リリースから1ヶ月ちょっとで、約450社の店舗が、現在までに応援・登録され、数々のメディアでも取り上げられはじめていらっしゃいます。

 

もともと笠岡さんは、繁盛させることを再現性の高いレベルでノウハウとして落とし込み、数々の飲食店を繁盛店に導くコンサルティングを得意としています。
そんな、笠岡さんが、飲食の道を志し挫折しながらも、今後飲食業をどう変えていきたいのか?マイひいきコムのプラットフォームがどう進化していくのか?インタビューをする上で、自らの意思で、社会的な問題をビジネスを通して解決していくにいたったストーリーが見えてきました。

 

 

 

一度は諦めた飲食業界での再起、そしてブレイクスルーのキッカケ

実家は東京の吉祥寺で、老舗の和菓子屋を営んでいたそうです。
小さい頃から、両親がお店で働く姿を見て育ち、一生懸命働いても儲からない両親のお店を大変だと思い、この体験がのちの飲食店繁盛会の原点となりました。


*笠岡さんの実家が営む三鷹・井の頭和菓子処『末廣屋喜一郎』

 

一度は飲食業を志したたが夢破れ、借金だけが残った飲食業界に、30歳から再チャレンジ。

順調に店舗数を増やしていく中、
信頼していた2番手のスタッフに、お金を持ち逃げされる事件が起きてしまいます。

一週間ほど売上金が入金されておらず、お店に行くと、スタッフの姿はありませんでした。

持ち逃げしたスタッフは、独立してお店を出す夢があり、みんなからも好かれていた人物。

 



とても悲しい事件でしたが、そこで笠岡さんは考えたそうです。


飲食店を立ち上げる夢を持っているのに、どうして、目先のお金で人生を潰すようなことをするのか?



そして出した結論がーーー

”夢を実現させる方法が分からない人たちにお店を繁盛させるノウハウを伝えること”
多くの人はゴールが遠すぎてやり方が分からない・・・

だから目先の欲にお金を使ってしまうことを身を以て体験。



 

 

でも、飲食店を持ちたい人、繁盛させたい人に努力の方向性と繁盛店をつくるノウハウを伝えれば、今、やることがわかり、不幸になる人が減らせると考えました。


それが、今の飲食店繁盛会の原点です。


 

 

会社を立ち上げ、初めてお店を立ち上げたときと同じく、実績、経験ゼロの状態でスタート。


飲食店を持ちたい人や、繁盛店にしたい人のサポートをしたいという思いだけで始めたので、最初の2年間は無給で働いたそうです。


業務内容は、飲食店経営コンサルティングと、武器となる販促ツールの制作。
ゼロから小さい実績を少しずつ積み重ねて、それをニュースレターで見える化し、クライアントに事例とノウハウを伝えていきました。


 

 

会社を立ち上げてから10年目には、当初より売上は10倍以上に。

『売れまくるメニューブックの作り方』や『繁盛飲食店にする1分間セミナー』の本も出版。


売上も上がったが、今度は忙しすぎて、体調を崩すスタッフが増えてしました。

「このまま行くと、会社が空中分解してしまう。」
そこで、ビジネスモデルや体制を変える方向へ。


具体的には、作業工程を効率化し、残業を減らすなど働き方を改善。

ビジネスモデルでは、飲食店全般のコンサルから、飲食店販促コンサルに変更。


相談に乗る範囲を、売上アップや販促のコンサルに絞り、サービス内容をシンプル化したことで、スタッフの仕事の生産性が向上。

 

 

 

飲食店オーナーが考えなくてはならないWITHコロナ対策

現在、猛威を振るうコロナに対して、笠岡さんにアドバイスを求めると、

「今後は、今までと同じ飲食店としての営業形態では、元に戻すのが難しい、もしくは、時間がかかると予測しています。
なので、アフターコロナによって生活様式が変わった、“今のお客様”を知り、今のお客様に必要なお店になるように、業態のブラッシュアップをしていく必要があります。」

と答えると言います。





 

そして、緊急事態宣言が延期された直後から、休業中の飲食店も要請されている営業時間を守りながら徐々に本格営業の準備をするべきと飲食店のオーナーにお伝えしています。



完全休業しているお店は、再開したときの料理やサービスのクオリティが低下する可能性があること、緊急事態宣言の終了後に、売上が元に戻る保証はないので、営業しながら、今後の自店の在り方を考える必要があるためだとコロナの影響が大きくなる前より発信。



そして、飲食店は、場に縛られているので、次、同じようなことが起きたとき、今のままでは飲食業界はなくなってしまうと、警鐘を鳴らしていらっしゃいます。


 

 


だから、飲食店は新しいビジネスモデルの付加を考えてほしいと、笠岡さんは強く訴えます。



しかし、いきなり新しいビジネスモデルと言われても、何をしていいか分からないケースがほとんどなので、笠岡さんは、神田昌典とコラボして、マイひいきコム(https://myhiiki.com/)というプロジェクトを始動。

 

 

 

神田昌典と共同で立ち上げたプロジェクトは日々進化

冒頭で話した通り、実に二週間で、神田のアイディアと笠岡さんの飲食業への想いを元に立ち上げたプロジェクト。

コンセプトは、大好きなお店を応援するプラットフォーム。


今、踏ん張っている飲食店経営者に、お客様からの応援する気持ちを届けることが大切だと考えました。


ITの活用で、多くの応援する気持ちを流通させると同時に、マイひいきコムに掲載された飲食店は、一律1000円のクーポンを販売できる仕組みです。

このマイひいきコムのプロジェクトの特徴は、大きく分けて3つあります。

 




1つは、お客様側から飲食店を応援するというベクトルであること。

2つめは、ホテル・旅館・和菓子屋など食を扱う全てのお店に広げていくこと。

3つめは、未来につながるプロジェクトであること。


 

マイひいきコムのプラットフォームを使って、ITリテラシーが高まれば、新しいビジネスモデルへ移行しやすくなります。
「マイひいきコムの次の展開は、口コミサイト+通販サイトの機能をもったサイトに進化させたい」とのこと。

 

 

Googleの口コミと連動した口コミサイトとして使えるようにすると同時に、ITが不得意な飲食店でも、簡単に1つだけの商品やサービスが販売できるサイトにするべく戦略を練っています。

どの飲食店でも、マイひいきコムに登録していれば、新しいビジネスモデルを持つことができる、そんなサイトにしていきたいと強くおっしゃいます。

例えば、飲食店が自分の料理を店内、店外、ネットで販売するのは当たり前。
その上で、例えば、地域の芸人やミュージシャンと一緒にディナーショーを企画販売したり、生産者の野菜をレシピや料理教室付きで販売するなど、飲食店だからこそできる付加価値をつけて販売する、こんなことがマイひいきコムでできるようになると笠岡さんは言います。

 

あなたの応援の気持ちを届けたい贔屓のお店を教えてください。

匿名、メアドなしでも登録できます。よろしくお願いします。

https://myhiiki.com/recmyhiiki/

 

  

 


飲食コンサルタント笠岡さんの今後の展望






①神田昌典とのマイひいきコムの活動を広げること。


②飲食店が売上を上げるためのネット活用のスキルを身につける教育事業を展開すること。


③海外展開。

海外展開は、今年の3月に台湾の会社と共同出資して現地法人を作り、餃子とタンメンの店『虎記餃子』を台北の101の近くにOPEN。

台湾内で200店舗を目指す事業計画。



そして、この台湾での仕事を皮切りに、飲食事業とコンサル事業をもっと海外に進出したいと、壮大なビジョンを話してくれました。


新しい時代を切り開くために、飲食業界に課せられた役割。

 

生い立ち〜実体験を通しての飲食業界への想いの詰まったプロジェクトは動き出したばかり。

飲食業界が持つ可能性は、閉塞感漂う現在に、希望と業界全体のイノベーションをもたらしてくれるかもしれません。

 

神田のもとに集う”インパクトカンパニー”、そしてアルマ・クリエイションとのコラボは・・・

神田の会社=アルマ・クリエイションは、同じ志をもつ仲間と、積極的に提携していくことを進めています。
デジタル変革を加速させるためには、あなたの「強み」が、明確に伝えられる必要があります。

あなたの強みを伝わる言葉に変えメンバー同士の提携を加速させているのが、笠岡さんもご入会されている神田昌典主催の『Theマーケティング実践会(The実践会)』です。
あなたの強みを教えていただくことで、あなたの会社と同じ使命を持った会社、そして神田昌典の会社との未来提携を加速いたします。

2020年6月末まで、The実践会の説明会+オンライン講演会を以下からご覧いただけます。
経営者、経営幹部、指導者、地域リーダーの方は、以下からご確認ください。

経営者・指導者のためのオンライン講演+説明
1部 講演『アフターコロナ時代の中小企業の戦い方』
2部 説明『次世代マーケティング実践 説明
☞ www.thejissenkai.com/movie0618

-CUSTOMER SUCCESS REPORT
-, ,

Copyright© アルマ・クリエイション , 2020 All Rights Reserved.