CUSTOMER SUCCESS REPORT

日本で、最も社会的影響力をもったセールスレターとは?

更新日:

170622 - 米田貴虎

日本で最も社会的影響力をもちつづける1通のセールスレター

1通のダイレクトメールで、世界で最も売上をあげたことで知られるのが、米国ウォールストリートジャーナル誌の定期購読勧誘レターです。

じつに数千億円の売上をあげたといわれています。

では、日本で最も社会的影響力をもちつづける1通のセールスレターを、あなたはご存知でしょうか?

しかも、その文面は、20年前に作られたにも関わらず、ほぼ当時のままで今も、売上をあげ続けています。

それが、兵庫県神戸市にある相続手続支援センターの事務局である株式会社ブレーントラスト、代表取締役の米田貴虎さんの活用する”レター”です。

この1通のセールスレターが、どれほどの社会的影響力をもったかは、米田さんが達成している実績をみるとよくわかるので、早速ご覧いただきたいと思います。

 

 

現在では、ご自身も上級相続手続カウンセラーとして、3800件の相続現場全てを解決し、全国の大手会計事務所を中心に北海道から九州まで55拠点を設置、現在までに6万6千件を超える相続に関わっていらっしゃいます。

そして、2018年からは、”相続手続カウンセラー”のライセンス認定事業を大手資格専門学校の東京リーガルマインド(LEC)と提携。

相続の専門家でしたら誰もが知りたい”失敗しない相続ノウハウ”を、全国の競合他社へおしげもなく提供しています。

さらには、2019年秋から大手保険会社とも提携し、保険金請求者に限定して、電話相談から始まる「相続支援サービス」をスタート!そこから数百万人の顧客に対して訴求予定とのことです。

 

 

”レター”が生まれたのは、20年前・・・

ここまで相続を中心とした圧倒的な実績、その事業が広まったきっかけとなった”レター”が生まれたのは、20年前・・・

 

「具体的に相談に乗って欲しい」という依頼がはいるようになり、その地道な積み重ねをしていくうちに、自ら出向くことが時間的に難しくなってきたためDMを郵送する方法に切り替えることとなったそうです。

遺族の方に、 相続の手続きや注意点などをお知らせし、「希望があれば無料相談をおこないます」とご案内することが目的の内容でした。

その際に、活用したのが、神田昌典が主催する当時の実践会における、電話によるコンサルティングサービスでした。

神田が電話ごしにアドバイスする文章を、一文字も逃さぬように書きとって、繰り返し間違いないか確認したとのことでした。

そして神田に、「もう直すところはない!」と言われるまで、繰り返し、DMの添削をしてもらったそうです。

そのDMは反応率6%、成約率2%という驚異的な数字を記録

今でもほとんどそのまま使い売上をあげているというから、驚きです。

 

数字だけでは続けなかった

数字もすごいが、数字だけでは、米田さんは続けなかっただろうとおっしゃいます。

それよりも、関わる方々が、この文面により、故人の意思を引き継ぎ、思い出を糧に家族との深い絆を再認識し、元気を取り戻していく姿を見届けるのが何よりだと語っていただきました。

また生前から準備しておくことの重要性を理解していただくために、最近は、メディア露出、企業や学校や福祉施設など での講演や研修も積極的におこなっております。

重たいテーマだからこそ、笑いを誘う話し方を心がけ、相続のウラオモテをたっぷり伝えて、ご好評いただいていらっしゃいます。

最後に、長きにわたり影響を与えつづけたレターをご紹介したいと思います。

故人様のご逝去を悼み、

謹んでお悔やみ申し上げますとともに、

心からご冥福をお祈りいたします。

私どもは、税理士・司法書士・土地家屋調査士・

社会保険労務士・行政書士等の専門家と連携して、

相続に関する総合支援サービスを行っております

神戸地区担当の相続手続支援センターと申します.

 

実は今回、このような時期に、

やむをえずお手紙をお出ししておりますのは、

悲しみのあまり相続手続きに関する適切な処置が遅れてしまったために、

後々大変な不利益を受ける方が増えているからなのです。

 

なぜかと言いますと、相続の手続きというものは、

生涯に何度もあることではないですし、

あまり人と話さないことなので、

正確な情報を入手することが困難です。

 

そのため、何から手をつけたらよいのか、

費用もどれくらいかかるのか、不安に思われている方が多いのです。

手続きをされないままでいる方もおられますが、

すぐに手続きを行わないために後になって

大変困られている方も多くおられます.

 

すぐに手続きをしなかったことによる

不利益の一例を申しあげますと、・・・・

 

と遺族に寄り添った冒頭から続くレターです。(実際は事例などが入りA4サイズで3枚分)

 

神田昌典はこう申します。

買う人をつくるだけが、コピーライティングの仕事ではない。

どんなメッセージでも9割以上は、買わない。

だから文章を読んだ人が、どう変わるのか、

それによって、どう社会はよくなっていくのか?

そこまで考えるから、

ビジネスは、本当に大きな力を持つんだ。

 

『これからもいろいろな形で、皆さまの会社や家族の「絆づくり」のお手伝いをさせていただきたいと思っています。私にお役に立てることがありましたら、 ぜひお声がけください。』と語る米田さん。

 

米田さん

 

『相続支援事業』を軸として、業界全体の底上げを行う『相続手続カウンセラー認定事業』、定年後を安心して生きるための知識を養う『定年力検定事業』や、社内の絆を深める『サウンドバック研修』など社会的影響力のある事業、サービスを創り続ける米田さんの今後から目が離せません。

 

神田昌典があなたの商品ページやセールスレターのコピーライティングも添削

神田昌典があなたの商品ページやセールスレターのコピーライティングを添削する機会が年に2回!

米田さんもご入会されている、『Theマーケティング実践会』は、新成長事業を創り出すことを目的とした経営者の勉強会です。

オンライン説明会やLINE上でお気軽にご相談いただけますので、まずは実践会LINE公式アカウントへご登録ください。 Theマーケティング実践会の活動内容、入会特典、入会条件など、事務局からご説明いたします。

 ☞http://nav.cx/29BGbo8(LINEへリンクします)

 

 

-CUSTOMER SUCCESS REPORT
-,

Copyright© アルマ・クリエイション , 2019 All Rights Reserved.